06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
<< >>

This Category : 短編 小説

--.--.-- *--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Permalink *  EDIT * ▲TOP

2009.09.01 *Tue*

*短編02 「こんな日は思い出す」*

キミは今、どこにいるんだろう。


*短編02 「こんな日は思い出す」*


キミは僕と初めて出会った日を、今も覚えてるかな。

僕?僕は覚えてるよ。

その日は数年に1回のお祭りの日で。村の特産品のワインの豊作を神さまに感謝する日だった。

僕は10才だった。キミは僕よりも年上で12才だったんだよね。
ずっと大人びて見えたから、もっと年上かと思ってたんだ。

天気はあいにくの曇りで。それでも豊作だった喜びで村のみんなは浮かれてたんだ。
僕の父さんも母さんも。僕はお祭りだっていうだけで楽しかった。
僕にとっては初めてのお祭りだった。

「こら!ルク!!あんまりウロウロするんじゃないの!迷子になるでしょう!」

「まぁまぁ母さん、いいじゃないか。ルクには初めての祭りなんだ。
 なぁ、ルク。父さんと探検しようか?!」

僕の父さんは顎鬚が生えてて、最近少しお腹が出てきた事を母さんに言われて気にしてるんだ。
母さんは村で1番の美人なんだ!最近よく怒られるけど、大好きなんだ。

「うん!ここにお城があるんでしょう?!僕そこが見てみたい!」

今年のワインは豊作だったうえに、味もけっこうよかったらしい。
僕達の村の近くの街がそのワインをたくさん買ってくれるらしいんだ。
そして一緒にお祝いしようって事になったらしい。お互い感謝の交換だって。

僕達村のみんなは招待されたんだ。僕にしたら初めての大きな街だった。
この街の人達とは昔からの親交があったらしい。
元々は1つの街だったらしいけど、昔大きな災害があって街が分断されたんだよ、って父さんが言ってた。

「よし!じゃあお城を見にいくか!大きいんだぞ、ここのお城は。」

石で出来た家がたくさん並んでいた。街の入り口の近くには大きな噴水というもがあって。
街の中央では大きな机が並べられていて、見たことのない食べ物がいっぱいだった。
みんなワインを飲みながら楽しそうにしていた。

そして僕の目の前に見えたのは大きな大きな石の白い建物だった。
屋根だけが赤くて、すごくキレイだった。

「…おっきーなぁ!!!父さん、これがお城??」

「おぉ!大きいだろう?!今日は中にも入れるらしいぞ。入るか?」

「行く!!!」


大きな門をくぐって、大きな扉から中に入った。何もかもが驚きだった。
床が石だったのがおかしかった。座ったら冷たいし、雨の日は滑るのに。
でも、掃除は楽かな。ツルツルだから。

真正面には長い階段があった。こんなに長くて疲れないのかな。

「……は……豊作で……ほっほっほっほっほ…」

遠くで声がした。見てみると父さんよりも長い白い顎鬚の生えたおじいさんがいた。

「ルク、あそこにいてるおじいさんがこの街で1番エライ人だよ」

でも僕の視線をさらっていったのはおじいさんの傍にいてる女の子だった。
長い黒髪、遠目からでもわかるかわいい顔をした女の子。
おじいさんの横で静かに笑っていた。
今思うと、これがいわゆる一目惚れというものだったのかな。

僕の視線に気が付いたのか、僕の方を見て笑顔をむけてくれた。

「……っ!!!!!」

「ん、どうした?ルク。……あ~あの女の子はあのおじいさんのお孫さんらしいぞ。」

「う、うん。」

横で父さんは色々説明をしてくれたけど、僕の耳にはほとんど入ってなかった。
意識はずっとキミを追ってた。

「…よし。じゃぁそろそろ戻るか。母さん1人にしとくのも悪いしな」

「……うん。」

父さんに連れられてお城を出た。僕はずっとキミを意識してたんだ。
名前はなんていうのかな、とか。
何して遊ぶのが好きなのかな、とか。

そんな事を考えながら中央の広場に着いた。

「到着だ。あんまりウロウロするんじゃないぞ。迷子になるからな?
 父さんは、母さんを探してくるから、ここで待ってるんだよ?」

そう言うと僕を噴水の近くのイスに座らせて母さんを探しに行った。

僕は辺りを見渡した。
肩を組みながらワイン飲んでる人、ご飯を食べてる子、僕みたいに1人で親を待ってる子。
色々いた。

そんな中、人ごみの中にキミは現れた。
人はたくさんいたのにキミだけがハッキリと見えた。
僕は無意識に立ち上がって後を追っていた。

裏の路地に入って、細い道を通って。中央とは少し雰囲気が違った。静かだった。
それでもキミは気にしないで進んでいった。

やがてたどり着いたのは小さな川辺だった。辺りにはコスモスの小さな花畑があった。

こんな大きな街でも花畑なんてあるんだな。僕はそう思った。

「キレイでしょ?」

「……っ!!」

ふいに言葉をかけられて僕は驚いた。

「私に何か御用??」

キミは優しい笑顔を向けながら聞いてきたんだ。

「え…、あ…ううん。用はないんだけど…」

気が付いたらキミの後を追っていたんだ、なんて言えなかった。

「そうなの?ふふ。変なの。」

コスモスの花畑の中でキミは僕に微笑んでくれた。凄く、キレイだった。

「あなた、お名前はなんていうの?私はシルク。シルク=イラヴァーティ」

「ルク…ルク=メルカル」


これがキミとの初めての出会いだった。

あれから僕達は毎日のように会って遊んだね。
ブドウが木に生ってるのを見るのが初めてだったり、釣りをしたことがなかったり。
キミの驚いた時の顔を見たり、キミの知らない事を教えてあげれることが僕は嬉しかった。


こんな曇りの日は思い出すんだ。キミは今、どこにいるんだろう、って。


07.4.12

----------あとがき----------

私の中で看板息子の「ルク」と看板娘の「シルク」の出会いのお話です。

このあとの2人の運命の別れが悲しくて。。。。
って、まだ書いてません、すいません。。。




スポンサーサイト
Permalink *  CM(0) *  EDIT * ▲TOP

2009.09.01 *Tue*

*短編01 「ここにいたんだ ずっと」*

ずっと待ち焦がれていた。私という存在をみてくれる人を。


*短編01 「ここにいたんだ ずっと」*



紅い。暖かい温風を体に感じる。

あたり一面は紅く、ところどころは黄金色のようにも思えた。
さきほどまでは静かな都市だったのに。
私が呼び出されるまでは。

私に名前はない。
私を呼ぶものは「灯の鳥」と呼んだ。
いつ、うまれたのかもわからない。どこでうまれたのかも、わからない。
気が付けば、「人」や「神」「悪魔」いろいろな種族というものをみてきた。


先日、私を呼び起こしたのは「人」だった。

皆、私を不死身の不死鳥だといい、私の血を求めてくる。
私以外の存在にしてみれば毒たというのに。
そして死は私にも訪れる。


「ふはははは!!!!これは絶景よ!!我が国に刃向かった国が燃えておるわ!!!」

私を呼び起こし者。どこぞの国の王だとか。
この者がどうしてこの場所を灰にしてほしいのか、私には興味はなかった。
いつもの事だったからだ。
ほとんどの者が「あいつらの国を滅ぼしてくれ」だとか「あの種族は我々には凶器なのだ」とか。
そんな理由だったからだ。

…もう聞き飽きた。

辺り一面を灰にして、燃やし尽くして。もはや誰かの悲鳴にさえも動揺しなくなっていた。
そして次に言ってくるのが。

「お前の不死身の血を渡せ」

これは「人」という種族に限ってだが。
他の種族の者はそれがどんなに無駄なことか知っているようだった。

そんな事をしても不死身にはなれない。
私の血にはそんな力はないと何度説明した事だろう。


私は不死身ではない。
私の血を飲めばたしかに「人」という種族の者にすれば永い時を生きられるだろう。
「灯の鳥の生き血を口にし、長く生きた者が狂気して、最後には国そのものが滅んだ」
という話を耳にした事があるだろう。
長い時間生きることに耐えれる器ではないのだ。人という存在は。

そして…私に死が訪れた時、私の生き血を飲んだ者にも死が訪れる。

しかし、この者もやはり諦めきれなかったのだろう。

「誰でもいい!こやつの生き血を我の前に捧げよ!!!」

私のまわりに刃を持った者達が集まってくる。

「でもこいつ、不死身なんだろ?どうやって生き血をとるんだ?」
「体の1部でも切断してそこからとればいいだろ。」
「王に捧げれば昇格出来るかもしれない!!」
「オレが飲めばオレが新しい王だ!!!」

口々に言い始めた。

なんと哀れな。

「人」が一斉に襲い掛かってくる。
私は目を閉じた。
そして願った。
これから命尽きるであろう者達、関係のない者達、巻き添えをくらった者達が安らかに眠れますように、と。

次の瞬間。
私の体が紅から蒼にかわり、蒼い炎を辺りに吹き荒らした。
それはあっという間に何十、何百キロと吹き荒れた。
何度しても自分ではコントロールが出来ないのだ。
今まで私のまわりにいた者達や、私を呼び起こした者も、灰にすら残っていなかった。

私の周りに広がるのは静寂のみ。そしていつも流れる一滴の涙のみ。

何度この光景を見ればいいのだろう。
何度こんな思いをすればいいのだろう。


「うひゃぁ~さっきの凄かったね~」

私は驚いた。
今まで1度でも、あの蒼い炎を出して誰かが存在していたことなんてなかった。
見たところ、普通の「人」だった。

「黄金の翼に、体長は…2メートルぐらい、かな?思ったよりも小さいね。」

黄色のお尻まであるであろう長い髪をなびかせ、健康的な体をした彼女は臆することなく私に近づいてきた。

「へぇ。瞳の色は真紅なんだね。あは。あたしとおんなじだね。
 ね、さっきの蒼い炎、何?スゴイ威力だよね。」

私は言葉を出せなかった。何故だろう。
嬉しかったのかもしれない。
私の存在に耐えれるものがいたことが。

「ねぇ、聞いてる?アンタがウワサの灯の鳥でしょ?
 あたしずっとアンタの事探してたんだよ。
 ね、あたしのペットになってよ」

…ペット?私を飼うというのか?この者は。

『私のさっきの力を見て恐怖感はないのか?気に入らなければすぐに殺されるのだぞ。』

私はこいつの意識に話かけた。

「別に怖くはないよ。ねぇ。だからいいでしょ?あたしのペットにならない?」


初めて笑ったような気がする。こんな事を言ってくる者がいるなんて。

「へぇ。灯の鳥でも笑うんだねぇ~なんか意外かも。」

この者はアシーラという名らしい。1人であちこちを旅しているそうだ。

「ねぇ!ねぇ!
 アンタが一面を焼き尽くした後の場所に必ず湖があるんだけどさ、それもやっぱりアンタがしてるの?」

人は気がついていたようだった。
辺りを焼き尽くしてしまった私からのせめてもの償いの行為に。

「あたしさ、その湖のおかげで助かったんだ!
 アンタの事、血も涙もない悪魔だっていう人もいるんだけどさ
 その湖の水飲むと、不思議と怪我の治りが早くてさ!」

それは知らなかった。

「きっとこの湖は灯の鳥が後悔して涙したものだって思ってさ。
 だから助けてあげたかったの!
 もう後悔しないですむようにって!!
 だからさ、あたしと一緒に旅しよ?
 アンタの事、利用する悪い奴ばっかりじゃないって事、教えてあげたかったし、
 焼き尽くした後の場所が今ではどうなってるかもみてほしいんだ。
 そりゃぁ、アンタの事恨んでいる人もいるけどさ。でも救われた人達だっているんだよ?」

私はなんとも言えない感情になっていた。
皆、私の事を道具のようにしてしか見てくれなくて、
関係のない者達を巻き添えにした私の事を恨んでいると思っていた。
なのに…救われた者達が??

「ダメなの?」


『私もみてみたい。人の世界を』



ずっと1人だと思っていた。
でも、私の事を見てくれる人がいた。今はそれだけでよかった。


私は

「ここにいたんだ ずっと」


09.1.7 少し修正



----------あとがき----------

私が昔からずっとあたためてきた「アシーラ嬢」と「灯の鳥」です。
初めてこの2人を表現しました。

アシーラ嬢はあっけらかんとしたイメージです。おおらか、大雑把ですかね。
灯の鳥はその存在のわりに消極的、冷めた性格なイメージです。

また続き、書けたらいいな、と思ってます。


Permalink *  CM(0) *  EDIT * ▲TOP

 ご案内 

●「寝る子は育つ」 は「あやっぺ」が管理する
イラストブログサイトです。

サイト名:寝る子は育つ
管理者名:あやっぺ
サイトアドレス:
http://ayappe0826.blog62.fc2.com/


版権絵 バナー:
バナーアドレス:
https://blog-imgs-12.fc2.com/a/y/a/ayappe0826/banner.jpg

オリジ バナー:
バナーアドレス:
https://blog-imgs-35.fc2.com/a/y/a/ayappe0826/banner.gif

当サイトはリンクフリーです。
検索でリンク貼ってくれている方を発見したら
こちらもこっそり張り返しさせてもらう事があります。



訪問ありがとうございます。



今年はもうちょっと更新頻度を上げていきたい…な、と思ってみたり…



本屋店員は下旬がキライです。

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



「あやっぺ」へのコンタクト



……WEB拍手(お礼絵付き)
比較的、頻繁にチェックしてます。

……メールフォーム
反応が遅い場合があります。
申し訳ないです(汗)



プロフィール

あやっぺ

Author:あやっぺ
● 管理人(あやっぺ)はこんな奴

*名 前:あやっぺ
*生息地:生まれも育ちも和歌山県。
*年 代:20代後半。


*血液型:O型に見られるA型です。
*好 き:ファンタジー、冒険が好きです。
 少年系のものを好んで読んでます。
 それかネオロマ系…vvv
*苦 手:ホラー系とか、グロイ系は読みません。

*職 種:本屋の店員してます。
*好き食:鶏肉系ならなんでも好きです。
 甘いものも好物です。
*好き色:赤系。青系。
 最近はオレンジ系も好きですvv

*性 格:熱しにくく冷めにくい。気分屋。小心者。
 自分は根暗だと思っているが、周りにはそれを否定されているらしい



最近あったこと



カテゴリー



月別に読んでみる。



オタクなコメントお待ちしてます~



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログのリンク集

■有菜日記(公式)
■しょこたんぶろぐ(公式)
■まりもブログ(公式)
■Joy story(公式)



■ *Happy Come Come な、日。*
■アニメなんでもワールドDX



小説

01. ここにいたんだ ずっと
02. こんな日は思い出す
03. ケンカは日常的に
04.次に会ったときは、敵。
でも、あなたとなら死すら怖くない。

05.この祈り 天に届くか
06.お前と俺と、二人だけの秘密



版権絵

ヒノエくん
ヒノエくん090214


2008以前~
-遥かなる時空の中でシリーズ-
季史さん

季史さん 七夕06’ 季史さん 七夕 背景なし 個人的に好きな季史さん 拍手お礼絵 季史さん 季史さん 背景なし

詩紋くん
詩紋くん 拍手お礼絵

望美さん
望美さん 望美さんとハイビスカス

ヒノエくん
07 暑中見舞い ヒノエくん 背景なし 07 暑中見舞い ヒノエくん お題絵「薄氷」 ヒノエくん お題絵「薄氷」 ヒノエくん 背景なし 07 七夕絵 ヒノエくん 07 年賀状 ヒノエくん 07 年賀状 ミニキャラ ヒノエくん

弁慶さん
お題絵「短夜」 弁慶さん 07 誕生日お祝い 弁慶さん お題絵「雨」 弁慶さん 07 年賀状 ミニキャラ 弁慶さん

敦盛くん
07 残暑見舞い 敦盛くん 背景なし 07 残暑見舞い 敦盛くん 07 年賀状 ミニキャラ 敦盛くん

白龍(小)
お題絵「朧月」 白龍 背景なし お題絵「朧月」 白龍

千尋
千尋 髪短い 初描き 千尋

遠夜
遠夜 背景なし 遠夜

布都彦
08 暑中見舞い絵 布都彦 布都彦とアジサイ 布都彦とアジサイ 背景なし

--金色のコルダシリーズ--
加地くん
08 ハローウィン 加地くん 加地くん ミニキャラ

柚木先輩
梓馬さまとカボチャ

火原先輩
火原先輩

志水くん
08 ハローウィン 志水くん ミニキャラ

冬海ちゃん
08 ハローウィン 冬海ちゃん ミニキャラ

--幻想水滸伝シリーズ--

坊ちゃん


幻水Ⅱ 主人公01 ナナミ

その他、版権絵
リナ01



オリジ絵


TOP絵としてアップしたもの
拍手絵01 11月TOP絵 2 09年 ハローウィンTOP絵 09 暑中見舞い絵 オリジ 秋 TOP絵 4月TOP絵 TOP絵 「桜」色変化バージョン 09年 節分絵 09年 最初のTOP絵 08年 最後のTOP絵

光と闇の統括者
*光の統括者(ホープネスト)
第25代目 ホープネスト

*闇の統括者(ダークレスト)
第26代目 ダークレスト 第26代目 ダークレスト 線画

その者に従う者達
「朝」の守護神さま 「天気(晴れ)」の守護神さま 「風」の守護神様

光と闇に干渉しないしない者達
「太陽」の守護神様 「星」の守護神様 時「過去」の守護神様 時「未来」の守護神様 「夢」の守護神様 四季 「春」の守護神様

Guards God護衛神さま
炎の守護神様 「夢」の守護神様 護衛

看板娘と自慢の息子
ルク=メルカル
ルク01 水鏡に見るもの ルク カーテンから
シルク=イラヴァーティ
シルク01 シルク02 シルク02-2

ルク&シルク
シルク&ルク01

人という種族
09年 年賀状 個人的 09年 年賀状 妹バージョン ミサンガ エリカ=クローバー 亜矢乃 ネタ募集中 コハク アシーラ=キャラヴィ







今までの日記絵 総まとめ

2009年総まとめ
01


2008年総まとめ
01 02


お題絵 総まとめ
「あ」~現在「て」まで



リンク集/全サイトさま別窓表示です。

和ぎつね / 桜月林科(ようづきりんか)
さま 桜月林科(ようづきりんか)さま

tate-A-tate ( テイターテイト ) / エリヤ 様 エリヤ 様

Misty / *ゆり 様 *ゆり 様

いちごとさいだぁ / MEME&すーさま MEME&すー様

 +free note+ / ゆあ(巳未)さま ゆあ(巳未)さま

























XXLOST(バツバツロスト)  / 真城(マシロ) 様

エルクハウンド / かづき湯宏さま

SOYBEAN / 山本ヤマト様

ゆうじるし /  ゆうじ様

AZU-LITE/  Azu様

星籠少女(ホシカゴショウジョ)/   京夜さま

 Garret / みちゅ様

 子旅再生 / 鍵空とみやき様

 虚言人。(うそつき) / 黎(クロイ)様

+山猫の王様+ / 雨月ユキ様



素材・テンプ配布サイトさま等



公式サイト様・サーチサイト様など

Copyright © 寝る子は育つ。 All Rights Reserved.

テンプレート配布者: サリイ   素材: Bee  ・・・   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。